スポンサーリンク

こんにちは、大阪市阿倍野にあります、ホツマミュージックスクールです!

今回は以前にもまとめたギターのタブ譜の読み方の第2回目です。

今回はさらにもう一歩レベルアップした内容になっております。

まずは前回の記事のおさらいから。

f:id:gurichang:20180705174752j:plain

 上記がタブ譜の一例です。このように横線と数字が書かれています。横線が弾く弦を指していて、数字が弾くフレットのポジションを指しています。一番下の横線は6弦一番上の横線は1弦を指しています。これがタブ譜の読み方の全てであると言えますが、読んでいくには慣れが必要ですし、分かりにくいところも多いのが現実です。今日は前回の記事からさらに一歩進んだタブ譜の読み方を紹介します。 今回読んでいくタブ譜はこちら!

f:id:gurichang:20180723151955j:plain

1音目は4弦の開放弦

2音目は3弦の2フレットを弾きます。

3音目ですが、ここが今回の記事の大事な内容になります。

ここは縦に音が二つ並んでいます。こんな感じで縦に音が並んでいる時は、同時に弾きます。ここでは1弦の2フレットと2弦の3フレットを左手で押さえて、右手で1弦と2弦を同時に弾きます。

この要領で縦に音が並んでいる場合は、同時に鳴らしてください。

タブ譜は読むことができると、本当に役に立ちますので、これからもまたさらに発展した内容をまとめていきたいと思います!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村