スポンサーリンク

こんにちは!大阪市阿倍野にあります、ホツマギタースクールです!

当ページをご覧いただきありがとうございます。ギターレッスンで実際に行っている内容をご紹介いたします。

今回はギターのFコードの押さえ方/左手の練習方法をまとめます。

・セーハコードを弾く上で絶対に押さえるべきポイント 

⚪︎手の形が重要!!

ネックの下側に手の付け根が当たってはいけない

f:id:gurichang:20180314181726p:plain

上記の写真のような状態はNGです。

ネックの下側に指やペンが一本入るような隙間ができるようにしましょう。

f:id:gurichang:20180314181855p:plain

⚪︎ネックの裏側の親指の形が重要

ネックの裏側で親指が曲がってしまっているのはNG

f:id:gurichang:20180314182042p:plain

ネックの裏側では親指がまっすぐになるようにしましょう。

f:id:gurichang:20180314182157p:plain

Fコードなどのセーハコードの練習方法

クラシックギタースタイルで練習する

f:id:gurichang:20180314182340p:plain

上記のようなクラシックギターを弾くスタイルで練習をしてみましょう。そうすれば必ず上達します。

・クラシックギタースタイルの作り方

左膝の上にギターを置く

ギター本体を自分の顔の方向に傾ける

この練習の最大のメリットは、手の甲や手首の正しいフォームが身につきやすいことです。きちんとしたフォームをしないと、音が鳴らないフォームです。上達に行き詰まっている方は是非試してみてください。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村