スポンサーリンク

ギターストロークでピックがずれないようにするための練習方法をご紹介します!

こんにちは!大阪の天王寺駅、阿倍野駅近くのホツマミュージックスクールの西井昌明です!

ギターを練習していてこんなことはございませんか?

「ギターのストロークをやっているとピックがずれてしまう。。。」

そんな方に今回はギターストロークが上達する練習方法をお伝えします!

是非この動画を参考にして少しでも音楽を楽しんで頂けたらめちゃくちゃ嬉しいです!

動画を是非ご覧ください!(テキストでの説明も以下に掲載しております!)

・まずはピックの持ち方のおさらい

ピックの持ち方は大きく分けて2種類!

ピックの持ち方は大きく分けて2種類ありまして、ひとつ目が「人差し指の側面と親指を使って持つやり方」(写真を参考してみて下さい。)

2つ目の持ち方が、人差し指の腹と親指で持つやり方です。(こちらも写真を参考にしてください。)

ピックの持ち方がイマイチ分からない方は、鉛筆を握る動作をしてみてください!

鉛筆を握る動作をして、人差し指と親指の間にピックをはさんでみてください!

重要なのは「爪が弦に当たらないようにすること」

爪が弦に当たった状態で弾き続けると、怪我してしまいますので気をつけてください。

左手は弦に軽く触れるだけにしてミュート状態を作り、右手はダウンアップピッキングで練習します!

ここの説明は是非動画を参考にしてみてください!(1分43秒〜)

動画のようにドラム音源に合わせて練習しましょう!

ゆっくりなテンポ(BPM60)から速いテンポ(BPM120)まで用意しておりますので、是非ご活用ください!

1日5分でOKなので、継続して練習しましょう!

動画でも解説しておりますが、ピックがずれてしまわないようにするためには、継続して同じ動作をすることが大切です!1日5分ほどで充分ですので、日々の練習に取り入れてみてください!

ホツマミュージックスクールのサイトで取り上げて欲しい内容を随時募集しております!

是非リクエストください!この記事にコメントいただくか、hotsumaschool@gmail.comまでお願いいたします!

にほんブログ村に参加しております!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村