スポンサーリンク

誰も教えてくれないカポタストの正しい使い方をレクチャーします!!

こんにちは!ホツマギタースクールの西井です!今回は表題にもあります通り、カポタストの正しい使い方をレクチャーいたします!是非動画をご覧ください!当記事ではテキストでの解説も行っておりますので、動画よりもテキスト派の方もどうぞご参考になさってください!

正しいカポタストの使い方について

ギターレッスンをしていて思うのですが、カポタストを間違った位置につけている方が大半です。そこで当記事でカポタストの正しい使い方について理解していただければ幸いです!

もし仮に「2フレットにカポタストをつけるとしたら」どこにつけますか?

2フレットにカポタストをつけるとしたらほとんどの方は写真のようにフレットの真ん中あたりにつけると思います。

ですがこれは間違いです!

カポタストをつけるべき本当の位置は?

アポたストをつけるべき本当の位置は、「フレット金具のギリギリ」です!

なぜこのような位置につけないといけないかというと、ギターの構造に理由があります。

厳密にいうとフレットというのは金具の位置

1フレット、2フレットなどはギターのポジションを指すときに使う言い方ではありますが、それは金具の位置をさしています。ですのでカポタストを2フレットにつけろという指示があったとしたら、2フレット金具のすぐそばにカポタストをつけるようにしてください!そうしないと、ギターが本来の鳴り方で鳴ってくれません。(動画ではカポタストをつける位置によってどれだけ音が変わるか検証しています。皆様もご自身のギターで確認してみてください!)

カポタストをつけたら必ずチューニングをしましょう!

カポタストを使うことによってチューニングはずれます!(もちろんチューニングがずれなないカポタストも販売されています。ものすごく高価です笑)

ほとんどのカポタストがつけることによって弦を引っ張る形になりますので、カポタストをつけたら必ずチューニングをしてください!

カポタストをつけたとしてもチューニングは出来ます!

「カポタストをつけたままチューニングをできるんですか?」という質問をいただくこともございますが、カポタストをつけていてもチューニングは全然できます!(カポタストをつけたままチューニングしている様子も動画でご覧いただけます!)

カポタストをして、ちゃんとチューニングをしてから演奏するようにしてください!!